北海道立図書館

  • 〒069-0834 江別市文京台東町41
  • 電話:011-386-8521
  • ファックス:011-386-6906

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 今月の展示・展示リスト
  3. 今月の展示

今月の展示

特設展示(一般資料閲覧室)

追悼 日野原重明さん

聖路加国際病院名誉院長で、多くの著作や公演などでも幅広く活躍された日野原重明(ひのはらしげあき)さんが、7月18日に105歳で逝去されました。豊かな老いを提唱し、「生涯現役」を貫かれた氏を追悼し、多くの著作から約60点を紹介します。

  • 写真

1階エントランスホール

「北海道150年」プレ事業・「北海道みんなの日」記念                   北方資料室所蔵資料展「北海道の名付け親・松浦武四郎と「道みんの日」」

展示期間:2017年07月01日 (土曜日)〜2017年08月30日 (水曜日)

 幕末の探検家松浦武四郎が、蝦夷地の名称を「ほっかいどう(北加伊道)」とする提案をした日にちなみ、今年から7月17日が「北海道みんなの日」(「道みんの日」)となりました。
 また、来年2018年には北海道命名150年を迎えます。
 北方資料室が所蔵する松浦武四郎自筆書簡ほか、武四郎や北海道を知るための図書や雑誌など関連資料を展示しています。
 また、北方資料閲覧室には、武四郎の伝記類数点を展示しています。

  • 展示写真1 メインパネル全景
  • 展示写真2 展示ケース1 武四郎書簡ほか
  • 展示写真3 展示ケース2 関連図書・雑誌記事ほか
  • 展示写真4 北方資料閲覧室の伝記類

窓辺の本棚(一般閲覧室)

観光でまちを豊かにしよう!

展示期間:2017年08月01日 (火曜日)〜2017年08月30日 (水曜日)

今年は、国際連合が観光資源による国際協力を目的に、1967年を「国際観光年」に指定してから50年目となります。人口減少や超高齢化社会という問題を背景に、近年日本各地では官民をあげての地域活性化の取組み、インバウンド・ビジネスの展開が活発に行われています。「観光によるまちづくり」をテーマに資料を多数紹介します。 
  • 窓辺の本棚展示1
  • 窓辺2

2階子どもの本コーナー

読んで探検!にほん地図

展示期間:2017年07月29日 (土曜日)〜2017年09月28日 (木曜日)

北海道でもいよいよ夏休みがはじまり、色々なところへ旅行に行く機会が増える季節となりました。この展示では日本の各都道府県の歴史や地理などの特色がわかる本をはじめ、自由研究や調べ学習にも役立つ本を紹介しています。

  • こどもの本コーナー

1階えほんコーナー

きらきらひかる~星・星座・宇宙の本

展示期間:2017年07月29日 (土曜日)〜2017年08月30日 (水曜日)

夜、空を見ると星がたくさんあります。そこには物語がいっぱい。
星座の話、惑星の話、宇宙人の話?
今回はきらめく星々のはなしをあつめました。
  • えほんコーナー展示1
  • えほんコーナー展示2

北方資料室ミニ展示コーナー

もっと野球が好きになる!もっと野球で熱くなる!

展示期間:2017年07月12日 (水曜日)〜2017年08月30日 (水曜日)

8月といえば夏の高校野球です。普段はスポーツ観戦に関心の薄い人でも、地元高校が勝ちあがっていたりすると、ついつい気になってしまうものではないでしょうか?そんな野球の魅力がたっぷりの歴代北海道高校野球にまつわる本をはじめ、日本ハムファイターズ関係の本もあわせて展示します。
  • 写真1
  • 写真2

一般閲覧室展示コーナー(一般閲覧室)

図書館 オン・ステージ!

展示期間:2017年07月29日 (土曜日)〜2017年08月30日 (水曜日)

 芸術祭や演劇祭が開催され、生のアートに触れる機会がたくさんある夏の北海道。
8、9月は、書籍化された戯曲をはじめ俳優や演出家、舞台美術、衣装や照明など、あらゆる技術と力を合わせて舞台上に作り上げられる演劇の世界を本でご案内します。
江別・札幌近郊で行われる演劇イベントのチラシも配布しておりますので、もし少しでも魅力を感じたらエネルギーいっぱいのパフォーマンスを観に実際に劇場に足を運んでみるのはいかがでしょう。
 

  • 一般資料閲覧室展示1
  • 一般資料閲覧室展示2

特設展示(一般閲覧室)

蔵出し!文庫本コーナー

 普段は書庫に配架している文庫本の一部を、現在2階一般閲覧室にて、手に取って見ることができます。
●時代小説コーナー
 佐伯泰英、鳥羽亮などが書いた戦国・江戸時代の小説を集めています。
※ このコーナーの本は、「文庫・新書コーナー」に徐々に移動させています。見つからない本がありましたら、カウンター職員にお声を掛けてください。
 
  • 時代小説コーナーの写真