北海道立図書館

  • 〒069-0834 江別市文京台東町41
  • 電話:011-386-8521
  • ファックス:011-386-6906

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 今月の展示・展示リスト
  3. 今月の展示

今月の展示

エントランス展示コーナー

大正浪漫 港町小樽 ~市立小樽図書館創立百年物語~

展示期間:2016年10月29日 (土曜日)〜2016年12月27日 (火曜日)

当館が、行啓記念北海道庁立図書館として誕生した大正151926)年から遡ること10年前の大正51916)年、今からちょうど100年前に、小樽に図書館が誕生しました。道内では、枝幸町立図書館についで、2番目に古い図書館です。

 今回の展示は市立小樽図書館との共催で、小樽図書館誕生の物語と、国際貿易の場として繁栄し、日本屈指の経済都市として黄金期を迎えていた当時の小樽を振り返ります。

 市立小樽図書館にて同時開催中のパネル展「市立小樽図書館100年のあゆみ展」(11月30日まで)も併せてお楽しみください! 市立小樽図書館HP http://otaru.milib.jp/index.html

  • 展示風景1

窓辺の本棚(一般閲覧室)

今年の終い方、来年の始め方

展示期間:2016年12月01日 (木曜日)〜2016年12月27日 (火曜日)

2016年もあとわずか。年末年始の準備を始まられている人もいるでしょう。
掃除や収納など一年を振り返る整理術から、新年を向かえ意外と知らないことの多いお参りの仕方やしきたり、新生活を始めるための参考になるものなど一年を締めくくり、新しい年をスタートするための資料をいろいろと取り揃えました。
  • 窓辺の本棚展示1
  • 窓辺の本棚展示2

1階えほんコーナー

年中行事いろいろ

展示期間:2016年12月01日 (木曜日)〜2017年01月31日 (火曜日)

 1月はお正月、2月は節分、3月はひなまつり。日本では昔から、季節に合わせてさまざまな行事を行ってきました。年中行事にはどのようなものがあるか、どんな成り立ちや由来があるのか、さらにそのような年中行事に関するお話など、いろいろ集めてみました。
  • えほんコーナー展示1

北方資料室ミニ展示コーナー

観光☆小樽びより

展示期間:2016年11月18日 (金曜日)〜2017年01月18日 (水曜日)

 市立小樽図書館の創立100周年を記念して、12月27日までエントランスホールで開催している資料展示「大正浪漫 港町小樽~市立小樽図書館創立百年物語~」に併せて、小樽をもっと楽しめる、貸出可能な本を展示します。
 観光ガイドブックを中心に、運河や食べ物など、いろいろな視点から小樽の街を楽しんでみませんか?
  • 写真1
  • 写真2

一般閲覧室展示コーナー(一般閲覧室)

早寝 早起き 朝ごはん

展示期間:2016年12月01日 (木曜日)〜2017年01月29日 (日曜日)

冬休みになると夜寝る時間や朝起きる時間が遅くなったり、朝ごはんを食べなかったり不規則な生活になっていませんか?
道教委では、12月~1月を子どもの生活リズムの向上を目的とした「早寝 早起き 朝ごはん」運動啓発強化期間としています。
朝ごはんの作り方の本や快眠・睡眠の本、おはよう・おやすみの絵本を展示します。どうぞご利用ください。

  • 一般閲覧室展示コーナー写真1
  • 一般閲覧室展示コーナー写真2

一般閲覧室

ボブ・ディラン 2016 ノーベル文学賞受賞!

米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏のノーベル文学賞受賞が発表されました。音楽表現が文学賞の対象とされたことは画期的です。この受賞にちなんで、図書館の所蔵資料の中から、ボブ・ディラン氏に関わる本や雑誌を一般資料閲覧室で特別展示しています。
氏の全詩集や自伝をはじめ、1970年代に特集が組まれた貴重な雑誌や氏が描かれた絵本も紹介します。
どうぞ御利用ください。
  • ボブ・ディラン展示写真

特設展示(一般閲覧室)

蔵出し!文庫本コーナー

 普段は書庫に配架している文庫本の一部を、現在2階一般閲覧室にて、手に取って見ることができます。
●時代小説コーナー
 佐伯泰英、鳥羽亮などが書いた戦国・江戸時代の小説を集めています。
※ このコーナーの本は、「文庫・新書コーナー」に徐々に移動させています。見つからない本がありましたら、カウンター職員にお声を掛けてください。
 
  • 時代小説コーナーの写真

特設展示(一般閲覧室)

敬老の日読書のすすめ2016

公益社団法人読書推進運動協議会が選定しました、敬老の日に薦める本を集めました。
読書で心の健康をつくりませんか。
  • 敬老の日